趣味の総合サイト ホビダス
 

ソフトクリームの値段

2007年10月31日 | カテゴリー グルメ?, 日記 | コメント(5) 

 皆さんはソフトクリーム好きですか?最近はジェラートとかいうこじゃれた物に押され気味の感はありますが、観光地といえばソフトクリーム!地元岡山にも色々ご当地ソフトがありますが、キワモノとしてはカキフライソフト・・・カキフライがソフトクリームの上に乗ってるだけって奴なんですが食べた事ある方おられます?
 そんなソフトクリームですが、当然値段は色々あります。100円のリーズナブルな物から観光地の300円以上する物まで。それでも普通400円以上はしないですよね?そんな中、我が家から車で5分の場所にある日本三大庭園「後楽園」(kogeは昔「後楽園球場」って後楽園の親戚だと思ってました(汗))でとんでもないソフトが販売されているとか。地元の新聞で発見しました記事はこちら。
800円のこだわりソフト 厳選素材を使用 岡山・後楽園
岡山市の後楽園で発売中の高級ソフトクリーム
 岡山市・後楽園内の土産物店「残夢軒」が今秋から1個800円の高級ソフトクリーム「スーパープレミアムジャージー」を販売している。
 従来品の倍となる乳脂肪分20%の蒜山産ジャージー牛乳や天然バニラビーンズを使用するなど、徹底的に素材にこだわったのが特長。滑らかな口溶け、深みのある甘さ、上品な香りが絶妙のバランスで「どこにも負けない日本一のソフトクリームができた」と企画発案者で同店スタッフの難波利臣さん(31)。
 「最高の味」を追求した結果、発売開始が8月から10月に大幅に遅れた。それでも販売は好調で、1日60個近く売れることもあるという。

 800円ソフト
 800円ですよ!800円!!しかもこんな物が60個も売れる日があるという・・・観光地ならではデスヨね。kogeは地元なのでこんな値段出す気には全くなれません。何せ入園料含めたら1100円!!!後楽園に来られる方がおられたらぜひ食べて感想を聞かせてください。うたまさん、どうですか(笑)。



牛スジの赤ワイン煮

2007年10月30日 | カテゴリー グルメ?, 日記 | コメント(1) 

 今年の結婚記念日に「ガル・プリュス」で食べた牛ほほ肉の赤ワイン煮が美味しかったのが忘れられず、また食べたいな~と思っていました。しかしkoge達はフレンチ等に行く事は殆ど無し、食べたい食べたいと思いながらも月日は流れ、もうあれから2ヶ月弱。そこでとりあえず自分で作ってみる事にしました。
 ほほ肉は何処で売っているのか分からないので、牛スジ肉の赤ワイン煮を作る事に。インターネットからレシピをダウンロードし(ここで重大な間違いがありました・・・)いざクッキング!材料はスジ肉・たまねぎ・しめじ・マッシュルーム。調味料でローリエ・にんにく・ホールトマト・コショウ・塩・赤ワイン・バルサミコ酢etc・・・。
 牛スジ肉をよく、煮込んであくを取った後調味料を入れて再び煮込む。簡単に言うとそれだけの料理です。少々コショウを入れすぎたのか辛くなってしまいましたが、何とか完成。
牛スジ肉のバルサミコ煮
 食べてみるととろとろになったスジ肉が美味しいのですが、イメージしていた物とはちょっと違います。肉メインと言うよりは牛スジシチューといった感じです。やはり今度はちゃんとした肉でやってみようと思います。それよりも何より違和感があるのはかなり酸味がきいている事。ホールトマトとバルサミコ酢がききすぎなんだよな~と思いながらレシピをよく見ると一番上に「牛スジ肉のバルサミコ煮」と書いてあるではありませんか!!そりゃ酸味がきいてるよ(笑)。料理をするときにはよくレシピの表題を見なくては(と思った三十路のkogeでした・・・。



ムブ吉車検

2007年10月29日 | カテゴリー 日記, 車ネタ | コメントする 

 今年はムブ吉の2回目の車検。先日ダイハツのディーラーで通してきました。一時は真剣にカングーとの買い替えを悩みましたが、これで2年は乗ること決定です。そろそろ5年経ってバッテリーなども気になります。アイドリングからの加速の時に少しグズるので、プラグをいい奴に換えてみようかとも思ったりしてます。ただ大きな問題は何も無し、流石made in japanですね。
 さて気になる車検費用ですが、この先の半年・1年点検(オイル交換込み)で¥82,885でした。お財布にやさしい軽四、我が家のドカたちよりも安い庶民の味方です。
 そんなこんなで、これからもムブ吉には頑張ってもらわなければ。どうぞよろしくお願いします。



カモシカと牛とジェラートと

2007年10月28日 | カテゴリー グルメ?, 日記 | コメント(2) 

 今日は朝から仕事で倉敷の端っこまで1時間かけてドライブ(泣)。何とか午前中で用件を終わらせて昼から自由時間となりました。仕事の行き帰りにもバイクの集団を山ほど見かけたので、帰ってから出かけようとしたのですが早起きのせいでイマイチ気が乗りません。おまけに朝から白バイを山ほど見てますし・・・秋だから稼ぎ時なのか!
 それでもまだ慣らしも終わってないのでセローでお出かけ。行き先は最近岡山市に合併された旧御津町の「まつだ牧場ミルク工房」です。最近牛乳の価格も下落しているらしく、岡山にある牧場にも直営ジェラート屋が次々オープンしています。ここもそうしたジェラート屋さんの一つなのですが、kogeイチオシのお店です。最もkogeがオススメするまでも無く、色んなTV・雑誌などで取材を受けていて有名なのですが(汗)。
 今日頼んだのはマロングラッセ味。ここのジェラートはどの味を頼んでもコクのあるミルクがメインで、後からほのかにマロンなどの味がする感じ。甘過ぎずあっさりしすぎずでいい感じです。
まつだ牧場ミルク工房ジェラート
 ところで数あるジェラート屋さんの中、ここのお店をkogeがオススメする一番の理由は・・・実はここの奥さんが(牧場は奥さんの実家です)kogeの前の会社の後輩である事(笑)。前の会社では女性も深夜まで仕事をしていましたし結構キツい思いもしましたので、一緒に働いていた人たちには、同僚と言うか戦友(言い過ぎか・・・)という感じもします。彼女には最近お会いしてはいませんが元気でされている事でしょう。あ、誤解ないようにまた補足しときますが、味も美味しいんですよ。また岡山市街からだとちょっと遠いですがドライブと思えばいい距離です。
 帰りにこんな写真も撮ってみました。  
セローと牛
 カモシカ(serow)と牛の2ショットです(笑)。牧場には動物を見られるスペースもあるので、小さいお子様連れでも楽しいと思います。この写真だけで「蒜山高原に行ってきました」とやっても通用するかな?まだオフ未体験のkogeとセロー。何とか冬になる前に慣らしを終わらせてオフデビューしたいところ。慣らし終了まであと550km!頑張ります。



打ちっぱなしの家

2007年10月27日 | カテゴリー 日記 | コメントする 

 今日は仕事の絡みで完成間近のあるお宅を見せていただく事が出来ました。安藤忠雄の事務所で修行したと言う設計士の家だそうで、なるほどコンクリート打ちっ放しの家です。外観は住宅と言うより店舗や事務所という感じ。シルバーのサッシ枠が余計にその事務所感?を強調しています。1本の緑が逆にアクセントになっていい感じ。玄関ドアは何だか小学校とかにあった防火扉のような感じ。玄関も広く、どうやらご主人がバイク好きでここに置かれる予定だそうです。
M邸②
 玄関から1歩入るとリビングが。室内の建具は黒で統一され、凛とした空気を感じます。住宅地の真ん中なので天井と壁との間にFIX窓が回されていて、視線を遮断しながらも明かりを取り込んでいます。
M邸④
 またこの建物の最大の特徴!?が写真のライトコート。この空が借景のようになっている空間は直島の地中美術館を彷彿とさせます。系譜を感じさせる部分ですね。
M邸③
 人のおうちなのでご紹介はこの辺りで止めておきます。このシンプルで潔い空間は打ちっぱなしでなければ表現できないでしょう。冬寒く夏暑いとか、落ち着かないとか、コンクリートの湿気が抜けるまでは結露が激しいとか、打ちっぱなしの家のデメリットも当然沢山ありますが、それを補って余りあるものがある建物だと感じました。
 たまにはこういったデザイナーズハウスとか見るのはいいですね。kogeにはこのような家は実現できませんでしたが、いい刺激になりました。またこういったおうちが見れたら嬉しいな。



500MB!!

2007年10月26日 | カテゴリー 日記 | コメント(4) 

 もう既に皆様のblogで話題になっている事ではありますが、この趣味ログの容量が100MBから一気に500MBになる事に決まったようです!!
             趣味ログ500MB
 始め30MBの容量でスタートしたこのblog。その後100MBまで増やされかなりありがたかったのを思い出します。それでも画像をばんばんupしていたらすぐ一杯になってしまいますよね?まあタダで使わせてもらってるんだから仕方ないな、一杯になったら引っ越すか!?とか悩んでいた所だっただけにこれは嬉しい限りです。趣味に特化したblogだけに容量一杯になって困っておられたり、引越しされた方も多いはずですから。これでいままでケチケチ使っていた画像などももう少し大きくupしてもいいでしょう。
 後はもっと処理速度が早くなってくれれば言う事なしなのですが、流石にタダのスペースでそこまで望むのは酷ですかね?何にせよこれからも皆様よろしくお願いします。



近隣トラブルと街並みについて

2007年10月25日 | カテゴリー ガレージハウス, 近隣トラブル | コメント(4) 

 今日こんな記事を見かけました。
 楳図かずおさんの新居めぐり、付近住民が提訴 武蔵野
 漫画家の楳図(うめず)かずおさん(71)が東京都武蔵野市内に建設中の自宅をめぐり、近隣住民2人の代理人の弁護士が24日、楳図さんと施工業者の住友林業(東京都千代田区)を相手にした訴訟を東京地裁に起こしたことを明らかにした。提訴は16日付で、外壁を赤白に塗り分ける工事の差し止めなどを求めている。
 同地裁は今月12日、この住民2人が申し立てた建築差し止めの仮処分を却下していた。訴状で住民側は、周辺地域は閑静な住宅街で、住民には景観を維持する「景観利益」があると主張。赤白の塗り分けが「周囲の住宅と著しく調和を欠き、景観を直接的に大きく破壊する」としている。
2007年10月24日(水)18:19

 入居まで色々あった我が家としても何だか気になる話です。こういう話には色々な考えがありますよね。確かに自分の家の側にちょっと異質な家が出来るとあまり気分は良くないかもしれないですね。でも金ピカで反射で眩しすぎて生活に支障をきたすとかでなければ、少々裁判に勝つのは難しいでしょうね。出来ればこじれる前に話し合いで解決できればいいのでしょうが、我が家の場合も話になる状況ではありませんでしたから・・・。
 日本の街並みは戦争で焼け野原になった後、都市計画が機能しなかったせいでお世辞にも綺麗とは言えません。純和風の家からガラス張りの家、輸入住宅まで渾然と並んでいます(我が家も周りとは少々異質ですが)。ロンドンやパリなどの石造りの街並みなどは整然として美しいですよね。日本で街並みが整っているのは住宅会社が大規模開発した建築協定つきの団地か、美観地区などの地区計画がある所位でしょうか?
 それでもこうなってしまったのですから、それそれが個性ある家を建てるというのも日本の特徴としてあっても良いのでは?と思います。何処を見ても同じような家、隣の家との違いが殆ど分からないと言うよりも、家でそれぞれの個性を表す事も楽しいのでは?もちろん資金的な面や、家に関する考え方の違いでデザインに凝らない事も一つの個性ではないでしょうか。
 それと同時にそれぞれの家というものに愛着を持って、平均26年と言う家の寿命を少しでも長く出来れば環境にもやさしいですよね。20年も何の手入れもしていない家であれば、直すのに大金が掛かるのも当たり前。そのお金を「それだけ掛かるのなら新築に」と簡単に建て替えるのではなく「思い出の家だから直して住もう」と、改装・増築・時には減築と手を入れながら住んで行きたいものです。
 という事で、少々の個性的な家は許してあげて欲しいです。自分の家も建てるときにも周りが苦々しく思っていたのを堪えているかもしれないですから(騒音とかも)。「お互いさま」という気持ちで生きていければ心のイライラも減るかも・・・ね?
 写真はメキシコの街並みだそうです。CGのようで気持ち悪いかも。あまりに整然とした町では自殺者も多い傾向があるそうですよ。整った町に住んでいる方はお気をつけて!?
メキシコの街並み



格差の元

2007年10月24日 | カテゴリー 日記 | コメント(4) 

今日から東京モーターショー開幕ですね。行ってみたいのですが何せ僻地岡山住まいのkoge、行くには休みと予算の両方ともありません。指をくわえて皆さんのレポートを待つ事にしましょう。カングーの新型だれか取り上げてくれないかな・・・。にぎやかな印象のモーターショーですが、来場者はピークの200万人超から150万人ほどになってるらしいですね。この辺りも自動車離れを反映した数字なのでしょう。
 ところで今日ニュースを見ていたら、お隣の鳥取県についてこんなニュースが出ていました。
<鳥取県>人口60万人割れ 29年ぶり
10月24日3時5分配信 毎日新聞
 47都道府県で最も人口が少ない鳥取県の10月1日現在の推計人口が、1978年以来29年ぶりに60万人を割り込んだことが23日、分かった。県が毎月公表する人口移動調査結果の速報値で、前月比205人減の59万9830人となった。
 国勢調査に基づく県人口は、70年の56万8777人が戦後最少。自然増などで80年に60万人を超え、85年にピークの61万6024人に達したが、その後は減少傾向が続いていた。県の分析によると、少子高齢化に加え、近年の景気低迷による民間事業所・従業員数減などが背景。06年10月比の自然・社会減の合計は4157人で、71年以降で最大の減少幅だった。
 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は5月、同県の将来推計人口が2035年に50万人を割り、49万5000人になると発表。県は、田舎暮らしに関心を持つ都市の団塊世代を定住させるため、11月にも「UIターン総合推進協議会」を設ける。
  鳥取県ってそんなに人口少ないんですか!?岡山県でさえ190万人超、岡山市の人口は70万に届いてます。という事は岡山市より少ない人口で県を運営しているって事ですよね。それではなかなか発展は厳しそう・・・やはり人口は全ての活性化の元ですから。インド・中国の発展の要因の1つでもあると思います。
 東京に日本の人口の1割が住んでいて、鳥取にはその200分の1。やはりこの人口が格差の元であることには間違いないです。人口少なければ税金も入らないですし、企業も進出しにくいので益々発展が遠のく気が・・・。どの地域も均等に発展していけるような理想的な政策を官僚・政治家には検討して欲しいです。政党の都合や役人の都合なんか言ってる状況ではありません。まさに待った無し!!の状況ですからね。



車載カメラ搭載

2007年10月23日 | カテゴリー DUCATI, バイク | コメント(6) 

 先週購入した車載カメラ「アクションカムATC2K」。土曜日に我が家に届きましたので早速バイクに搭載、日曜に出かけて試してみました。
 まずは車体への取り付けです。アタッチメントでヘルメットに付ける事も出来ますが、やはり体にはなるべく何も付けたくないので場所探し。しかしフルカウルのST2にはなかなか付ける所が見当たらない・・・とりあえずは後ろ向きに付けてninoを撮ってみることに。パニアステーに固定してみました。
           車載カメラ取り付け(パニアステー)
 同系色で分かりにくいですがブレーキランプの横についています。これならいかにも感もなく純正品ぽいと思ってるのですが・・・。振動でぶれないか気になる所ですが、とりあえず出発。挿入しているカードは2GBのSDカード、これで約1時間一番いい画質で撮れる筈です。
 動画をUPする方法が分からないので、とりあえずインプレを。この位置に取り付けて片側一車線の道路がフレームにちょうど納まります。画質はやはりそれなりですが、価格を考えたら仕方ないですね。サンプル程度には十分写りますが、当日すごくいい天気だったからか日陰ではほぼ真っ暗になってました。奇麗な画像が必要な方はやはりハンディカメラを固定した方が良いでしょう。
 あと当然ズームは無いので、表情を捉えようと思うとかなり近づかないと難しいです。あまり近づいてぶつかったりしないように気をつけて(笑)。またスイッチが乗ったまま操作できるようにしていたのですが、防水性能があだとなって押したかどうかが分かりません。目視での確認が必要だと感じました。
 結論としては遊びで使うには十分だと思います。贅沢を言い出せばきりが無いですからね。ラジコンに載せれば地上スレスレの迫力ある映像が撮れるかな?今度は何とか前に向けて固定して撮影してみようと思います。でも折角なので動画をUPすろ方法をググってみようかな・・・気が向いたら(爆)。



黒川紀章をしのぶ~吉備プラザ

2007年10月22日 | カテゴリー 日記 | コメント(2) 

 昨日は午前中にドカでお出かけ。メインの目的は2つで「車載カメラのお試し」と「黒川紀章の建築を見に行く」です。車載カメラはまた後日書くとして、今日は「吉備プラザ」についてです。詳しい事は分からないので、あくまでkogeの私信としてお読み下さい。
 1992年に建てられたこの建物は先日亡くなった黒川さんの設計・管理で作られています。当時の岡山県の知事が(自分の利益誘導の為という噂がありますが)実行したプロジェクト「吉備高原都市」。山間部に大きな分譲地・企業団地などを誘致したこの都市の中心に位置する建物がこのプラザです。吉備高原リゾートホテル、スーパー、レストランや銀行などがありますが、その全てが閑散とした雰囲気・・・今となってはバブルの負の遺産ですね。
 それでも吉備高原を走る時にはライダーにはいい休憩ポイントや集合場所として役立っていますし、15年前の建物なので古く感じる所はままありますが現代的な威容はなお健在です。建物を散策していて黒川紀章の名前を見つけました。
吉備プラザ②吉備プラザ①
 最近では選挙に出た変な人というイメージが前面に出てますが、日本の建築会に多大な影響を与えた人物だそうです。岡山にそのような建築物があるというのも何かの縁、一度ゆっくりご覧になってみてはいかがでしょうか。一度ホテルに泊まってみたい気もしますが、あまりにうちから近いので・・・。



他のキーワードで探す »