趣味の総合サイト ホビダス
 

突き落とし

2008年03月26日 | カテゴリー 日記 

 25日深夜、JR岡山駅で起きた突き落とし殺人事件。今春、高校を卒業したばかりで、自力で大学進学を目指していたという容疑者は「おとなしくまじめな」18歳の少年だった。茨城県土浦市の8人殺傷事件などに続く、青少年の自暴自棄ともいえる凶行。一家の大黒柱として働き盛りだった男性の遺族や職場に怒りと悲しみが広がった。
 帰宅客が行き交う駅のホームは、突然の惨劇に一時騒然となった。25日深夜、JR岡山駅で男性が少年に線路に突き落とされ、電車にはねられ死亡した殺人事件。亡くなった岡山県道路建設課主任、假谷国明さん(38)の自宅では26日、悲報を知った父親が「はらわたが煮えくり返る思いだ」と声を震わせた。〈中略〉
 倉敷の假谷さん宅では、父親の要さん(70)が「本当ならたたき殺してやりたいくらいに、はらわたが煮えくり返っている」と語った後、「しかし、日本は法治国家なので罪を償い、早く更生して世の中に役立つようになってほしい」と唇をかみしめていた。

 JR岡山駅は当然岡山県で最大の駅です。山陽新幹線をはじめ瀬戸大橋を渡る瀬戸大橋線や山陰に行く伯備線など、沢山の路線が入っています。この間まで岡山駅から1駅のところに住んでいた(今は新駅が出来て2駅になってしまいました)kogeとしてはこの事件は人事ではありません。飲み会でもあって電車で帰宅しようとしていたら、ひょっとすると巻き込まれていた可能性があったかもしれません。この方も奥さんと娘さん2人がいるそうで、家族はこれからどうやって暮らしたらいいのか悲しみと共に途方に暮れている事でしょう。
 そんな中、このお父さんの言葉は凄いと思います。最近の厳罰化の流れも裁判員制度も、遺族感情と法律の乖離を少なくする為の流れと言ってもいいでしょう。そんな折にこのように更生を願う言葉が出せる方はなかなかおられないでしょう。
 それでも大阪から出向いて「刑務所に入りたい」とかいう訳のわからない理由で人を殺してしまうような人間が、10年そこらの刑罰で許されるというのもどうかと・・・。「目には目を」というような考えを奨める気はないのですが、せめてこのような少年犯罪を犯した人間が本当に改心して更生するプログラムを作り上げて欲しいです。確かに前科がある人間に世の中は厳しいでしょうが、それを理由に犯罪を重ねるようでは本当に「目には目を」の理論に戻って「殺人は死刑」にせざるをえません。極端な話犯罪者を刑務所で生活させる為に国民の税金が、しかも犯罪被害者の税金も回ってしまうのですから。
 最近はこの事件だけでなく、本当に通り魔的な犯罪が多いです。いつ巻き込まれるか分からないのが正直な所ですが、なるべく夜道を1人で歩かないなど、防げるところは防いでいきましょう。日本が自分の身は自分で守らないといけない国になってしまったのなら、悲しい事ですけどね。
 

コメント

コメントする