趣味の総合サイト ホビダス
 

買ったばかりなのに!

2008年08月25日 | カテゴリー 日記, 車ネタ 

昨日新車を買ったばかりの我が家にとって大変ショッキングなニュースが飛び込んできました。 

CO2排出量基準 自動車税見直しへ 経産省検討 軽の負担増で反発も
8月24日8時1分配信 産経新聞
 経済産業省が平成21年度の税制改正で、エンジン排気量の大きさを中心に税額を決めている自動車税制を見直して、走行1キロメートル当たりの二酸化炭素(CO2)排出量を基準に税額を決める方式への変更を検討していることが23日、わかった。同様の仕組みは欧州各国が取り入れ始めており、地球温暖化を防ぐグリーン税制の目玉にしたい考えだ。しかし、これまで優遇されてきた軽自動車の税負担が大幅にアップするため、自動車メーカーなどの反発は避けられず、調整は難航しそうだ。
 現行の自動車税は、排気量1リットル以下のリッターカーの自家用乗用車で年額2万9500円、最高の6リットル超で11万1000円など排気量に応じて税額が定められている。排気量660cc以下の場合は税金が優遇される軽自動車税となるため、年額7200円に抑えられている。
 経産省では地球温暖化対策の一環として、こうした自動車税制の見直しに着手する。1リットル当たり2300グラムのCO2が排出されているガソリンの消費削減に向け、CO2排出量そのものを基準にした自動車税制への転換を目指す。すでに同省では自動車メーカーと協議を始めており、21年度税制改正要望で、CO2排出量を基準とする税制の検討方針を盛り込む。
 ただ、CO2排出量を基準とした税制になると、排気量が大きい大型車が不利になるほか、これまで優遇されている軽自動車の税額が重くなる見通し。自動車メーカーの今後の商品ラインアップに大きな影響を与えるほか、軽自動車ユーザーなどからの反発も予想される。
 地球温暖化対策を進める欧州では、すでに英国やフランスがCO2を基準にした自動車税制を導入している。また、来年1月からドイツでは走行1キロメートル当たりのCO2排出量が100グラム未満の自動車には、自動車税を免除する税制を取り入れる予定だ。
 日本でも燃費向上を促すため、グリーン税制が導入されており、排気量などをもとにした目標燃費を15%以上上回る自動車には自動車税などの軽減措置を講じている。しかし、経産省め、自動車メーカーなどの反発は避けられず、調整は難航しそうだ。

 我が家がカングーを諦めてタントにしたのは「維持費が安いから」これにつきます!その中で最たるものがこの自動車税です。これがもし改定されればユーザーだけでなく、スズキ・ダイハツなどの軽メインのメーカー・OEMで提携しているメーカー同士の取り組みなどにも影響を与えるでしょう。
 そもそもこんな事を言い出す背景には国の財源不足が大きな影響を与えている気がしてなりません。「金ないな~、何処から取ろうかな~。お!軽自動車の税金って安すぎないか?ここを底上げすればプリウスなんかの税金安くしてもはるかに儲かるじゃん!どうせ軽なんか乗ってるのは貧乏人ばっかだし、反発食らっても自民党の支持層の企業なんかには関係ないじゃん!温暖化防止って言えばなんでもOKでしょ!!」って経済産業省の官僚が考えたような気がしてなりません。
 しかしこんな後だしジャンケンみたいな事をされては庶民のこちらはたまりません。大体岡山のような地方では車の半分は軽と言っても過言ではありません。お年寄りや農家の軽トラ・若者の足・小さい子供がいるファミリーのセカンドカー・勿論ファーストカーとして使っている人も沢山います。もしこんな変更をごり押しするのならその時の政権は、軽自動車メーカー・ユーザー全ての票を失う覚悟でやってみて欲しいです。
 まあよく考えたら大排気量車のユーザーにも不利になるので、結局は誰も得をしない制度なのかな?何でも温暖化防止だと言えば許されるとでも思っているのなら大間違いです!

コメント

コメント(2) to “買ったばかりなのに!”

  1. コイチロ

    本当に誰も得しませんね・・・・・。もっとお金持ちからたくさん税金をとる法案を考えて欲しいです。

    返信

  2. koge

    コイチロさん、こんにちは。
    長文にお付き合いいただきありがとうございます。
    そのうち電気自動車が普及したら排気量辺りの自動車税ってタダにしてくれるのでしょうか?CO2も0だし・・・。
    そのときは「貴重なレアメタルを沢山使用しているハイブリットや電気自動車は高額な税金を」とかまた別の論理をつけるのでしょうね。

    返信

コメントする