趣味の総合サイト ホビダス
 

DAYTONA675限定Ver.

2010年04月29日 | カテゴリー バイク 

 今日は休み、の予定が昨日夜急遽入った仕事で朝から出勤(泣)。14時頃まで仕事となってしまいました。
 終わってからどうしようかと考えましたが、左腕だけ痛かったのが庇っているせいか右腕まで痛くなってきたので(泣)バイクはおろか車に乗るのもしんどい・・・。そこでこの間雑誌で見て気になっていたDAYTONA675の限定モデルをチェックしにトライアンフ岡山へ行ってきました。
 何でも限定60台で5月18日?発売。現物は見れないでしょうがまあ一度トライアンフも見ておきたかったので。我が家から車で30~40分ほどでトライアンフ岡山に到着。お目当ては写真の限定モデルですが、とりあえず普通のDAYTONA675をチェックです。店員さんは女性でセールス色を出すでもなく感じのいい方でした。
DAYTONA675限定Ver.
 この写真の青/白のデザインがカッコイイ!フレームも青なのがいい感じ。
 ただもう既に全国のディーラーが台数押さえてしまっているらしく、今注文しても買えるかどうか分からない、というか無理っぽい感じ。そこで「今ご注文いただければなんとか頑張ります!!」とか言ってくれていれば気持ちも動いたかもしれないのにな~。ninoも連れて行っていて「カッコイイ」って言ってたし思ったより安いって言ってたのにな~。颯真も気に入ってたのにな~(笑)。まあトライアンフにはご縁が無かったという事で。
 でも折角なのでお店に飾ってあった675に跨ってみます。全体的には4気筒バイクよりはスリムですが、やはりDUCATIと比べるとずんぐりしている印象は否めません。でもぱっと見た感じでは国産にありがちな安っぽい所も見当たりませんでしたし、これで126万円ならkoge的には十分アリです。勿論今現在は買うお金はありませんが、それでも限定カラーがあったなら(しつこいって!?)。
 シート高は749sよりは若干高いですが、普段履きの革靴で両足かかとが少し地面から離れるくらいです。ライディングブーツなら両足べったりかかとまで付くでしょうし、片足なら現状でも膝が曲がるくらいなので足つきに不安は全くありません。
 シートとハンドルが若干749sより近いのか少しポジション的に窮屈な感じがします。ハンドルも低いようなので前傾がキツイけど窮屈と言うか・・・まあこの辺りは慣れかもしれませんが、kogeには少し窮屈なライポジに感じました。このあたりは実際走ってみるとまた受ける感じも違うかもしれませんね。
 メーター周りや仕上げの質感はちょっと見た感じでは不満は全くありませんでした。国産だとこの辺りでがっかりさせられる事もありますがさすがは外車。というより今の848よりはメーター周りは675の方が好みかも。この他の詳しいことはやはり実際に試乗してみてという所でしょうか。
 ただ気になったのはクラッチがワイヤー式な事。やはり引っかかり感もありますし、その分重く感じられます。またぶちっと切れるかも、みたいな意識も何処かに・・・コストダウンかもしれませんが、少し費用が上がってもいいので油圧にして欲しいと感じます。ただ湿式クラッチなのであまり神経質に扱わなくてもいいでしょうから、そのあたりはやはりイイですね。
 今度腕が治ったら試乗させて貰おうと思います。ただここのお店には675の試乗車は置いてなかったのですが、津山まで行ったらあるのかな?

コメント

コメント(2) to “DAYTONA675限定Ver.”

  1. 福トラ・スコット

    お店の方に代わって?お答えいたします(笑)。
    限定版のSEのカラーは最高に格好良いです。
    でも、本当に数がないのでいつも発表即売り切れちゃいます。
    女性店員Oさんは、売ろう売ろうとする押しつける姿勢がないのが良いような悪いような(笑)。
    試乗車は先日まであったけど、今は見あたらないように思います。今日津山でも見かけなかったですし。
    でも、一度是非試乗してみて下さいね。
    ストリートトリプルRでも良いし(こちらは試乗車ありで奥様にもピッタリ(?))。
    それにしてもあれよりスリムって、やっぱドカのLツインってかなりスリムなんですね。

    返信

  2. koge

    福トラ・スコットさん、こんばんは。
    ドカも車種や色によってはJAPAN社に無くても、販売店同士で融通しあったりという事がよくあるので、そんな事がないかな~とか思ったり。まあ今回はご縁が無かったという事でしょうね。お金も無かったし(笑)。
    店員さんはよそのバイクを悪くいう事が全く無かったので良かったですよ。ただもう少しトライアンフならではの点をアピールして欲しかったです。まあ今回は半分冷やかしでしたので、心地よい距離感でした。
    スピードトリプルRはエンジン音だけ聞かせて貰いましたよ。回すと4気筒みたいでアイドリングは低い音が混じる、みたいな感じでした。また腕が治ったら試乗させて貰おうと思いますが、バイパス沿いでは面白みがなさそうです。
    kogeはドカ見慣れてますので、3気筒でも若干ふっくらして見えました。それでも4気筒に比べたら全然スリムでしたよ。CBR600とかと比べれば全く違和感無かったですから。

    返信

コメントする